クレンペラー ブルックナー交響曲第7番 ’58年ウィーン交響楽団の名演

クレンペラー

こんにちは。
ともやんです。

クレンペラーのブルックナーは、後年のフィルハーモニア管との録音では、例えば第5番などは、まるで大河の流れのような悠然たる演奏を展開しています。

しかし、60年代の初めころまでは、どちらかという早めのテンポで素っ気なくすすめる演奏が多いように思います。

確か、第4番“ロマンティック”では、最短の演奏を残しているのもクレンペラーだったと思います。

その辺のクレンペラーの芸術の変遷は、とても興味深く、僕はそのうちクレンペラーの全録音を聴いて、ブログにまとめたいと思い、この巨匠版を始めました。

まだ、自分の求める内容には程遠いですが、こつこつ記事を貯めて行きたいと思います。

さて、今日は、クレンペラーによる58年2月23日のウィーン交響楽団とのコンサートからの実況録音です。

スポンサーリンク

クレンペラー&ウィーン交響楽団 ブルックナー交響曲第7番

51年にモントリオール空港でタラップから転落して大けがをしたり、回復した後もパスポート問題でアメリカから出国できないなどトラブル続きでしたが、53年頃からヨーロッパ中心での活躍も順調に来ていた時期の録音です。

クレンペラーのブルックナー第7番 ウィーン交響楽団とのライブ

アントン・ブルックナー – Anton Bruckner (1824-1896)
交響曲第7番 ホ長調 WAB 107
Symphony No. 7 in E Major, WAB 107

Ⅰ(18:16)Allegro moderato
Ⅱ(19:45)Adagio. Sehr feierlich und sehr langsam
Ⅲ(09:10)Scherzo: Sehr schnell
Ⅳ(12:37)Finale: Bewegt, doch nicht schnell
total(64:50)

ウィーン交響楽団 – Wiener Symphoniker
オットー・クレンペラー – Otto Klemperer (指揮)
録音:1958年2月23日(ライヴ)

『オットー・クレンペラー・コレクション』

このCD72枚組のコレクションは凄いです。ブルックナーの交響曲第7番にしても数種類収録されていて、それを聴き比べるだけでも貴重な体験になります。

合わせて、クレンペラーの生涯を知るためには、次の本をご案内します。

クレンペラー指揮者の本懐

クレンペラーという人は、なにかと大きなケガやトラブルに巻き込まれた方です。

しかし、この58年という時期は、モントリオール空港での転落事故やパスポート更新問題も終えた、53年頃から活躍の場を広げて、5年ほど経った頃で、クレンペラーとしては充実していた時期と言えます。

このブルックナーの7番も壮年期の素っ気ない演奏から、かなり深みを増したものになっていて、第2楽章などは、ああ、ブルックナーっていいなぁ、なんて浸りたくなるような名演を展開しています。

ライブのモノラル録音ですが、音質はいいので、鑑賞に全く問題はありません。

スポンサーリンク

クレンペラーの名盤 偉大な芸術家の生涯

そんな指揮者の中でオットー・クレンペラーを聴くと、この人はどちらかというと、音楽的な才能を高く評価されて20世紀の大指揮者として名を連ねているのではないか、と僕は思ってしまいます。

ぶっきら棒で素っ気なく、人を人をと思わないその性格は、とてもカラヤンのように、うまく立ち回る人とは思えないからです。

もちろん僕の推測ですけどね。

よくクレンペラーの演奏は、75才を過ぎた60年代から凄くなったと言われ、実際残されている録音には名演が多いのは確かです。

でも一方僕は70代前半の54年から58年の演奏もむしろ覇気や活気の面では、60年代よりも上ではないか?と

最近感じるようになりました。

スポンサーリンク

まとめ

本日紹介するブルックナーの7番は、1958年、クレンペラー72才の時の演奏。

有名な寝たばこ大やけど事件があったのはこの年の9月です。
クレンペラーはその大やけどで1年ほど演奏も出来ず再起不能とも言われました。

もしそこで彼のキャリアが終わっていたら、埋もれた大指揮者としてだけ名を留めたでしょう。

逆にその大やけど事件がなければ、もっと活躍していたかもしれません。

どちらにしろ、この時期のクレンペラーの演奏は、武骨ながら覇気があり、内面から湧き出るような情熱も感じさせてくれます。

この時期のクレンペラーはもっと評価されてもいいかなと思いますね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました