ワルター

ワルター

ブルーノ ワルター NBC響 ライブ

こんにちは、 ともやんです。 ブルーノ・ワルターが、ナチスに追われアメリカに亡命した直後にNBC交響楽団を指揮した復刻盤が、平林直哉氏の制作で一昨日第1弾ができます。 筆者はまだ入手していませんが、5月中旬に発売予定の第2弾に...
ワルター

ワルター モーツァルト 交響曲第39番・第40番・第41番 戦前の名演

こんにちは、 ともやんです。 ワルターは、ユダヤ系という理由でナチからの妨害や迫害を受け、戦前はで録音が残されているのはこの年1938年頃までです。 しかもウィーンフィルとなれば特別な演奏で、今から80年以上前の録音ということ...
ワルター

シゲティ ワルター&NYフィル ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

こんにちは、 ともやんです。 2月19日は、20世紀の世界的なヴァイオリニスト、ヨーゼフ・シゲティ(1892-1973)の命日です。1973年2月29日にスイスのルツェルンで死去しました。 シゲティは、ワルターとベートーヴェン...
ワルター

ブルーノ・ワルター ブルックナー交響曲第9番

こんにちは、 ともやんです。 ワルターとクレンペラーは、指揮者として駆け出しの頃、共にマーラーに世話になりまた影響を受けました。 ただ、この二人の芸風を比べると全く別で、むしろ対極にいるように思います。 分かりやすいとこ...
ワルター

ワルター バイエルン国立管 シューベルト「未完成」マーラー「巨人」

こんにちは、 ともやんです。 今年は、20世紀前半に活躍した名指揮者ブルーノ・ワルター(1876-1962)の没後60年の年で、この記事を書いている今日2022年2月17日は、まさに没後60年の命日にあたります。 このブログで...
ワルター

ブルーノ・ワルター シューベルト交響曲第5番&第8番「未完成」

こんにちは、 ともやんです。 ブルーノ・ワルター(1876-1962)は、今日が命日。 1962年2月17日死去。享年85歳。 今年が没後60年にして今日が命日ですね。 ブルーノ・ワルターと直接文通もしていた音楽評論家...
ワルター

ブルーノ・ワルター&ウィーン・フィル マーラー交響曲第2番”復活”

こんにちは、 ともやんです。 1948年5月15日のムジークフェラインザールでの実況録音盤で、宇野功芳氏著書『名指揮者ワルターの名盤駄盤』では、かなり厳しい評価の録音です。 その大きな原因としては、 1,録音が悪い 2,ウ...
ワルター

ブルーノ ワルター マーラー 交響曲第4番 1945

こんにちは、 ともやんです。 ブルーノ・ワルターは、1876年ドイツ生まれで、1962年米国で死去。 ワルターにとって作曲家であり著名な指揮者だったグスタフ・マーラーとの出会いは人生に取って大きな出来事だったと思います。 ワ...
ワルター

ブルーノ・ワルター モーツァルト交響曲第25番 三種類

こんにちは、 ともやんです。 モーツァルトの交響曲第25番ト短調 K.183は、第40番K.550に対して小ト短調と呼ばれています。 というのも数多いモーツァルトの交響曲の中でも短調の書かれたものは、この2曲だけなのです。 ...
ワルター

ワルター ドヴォルザーク交響曲第8番のトンデモ演奏

こんにちは、 ともやんです。 僕は、ドヴォルザーク交響曲第8番が好きで、いろんな指揮者の演奏で楽しんでいます。 ドヴォルザークの交響曲では、なんと言っても第9番"新世界より"が有名ですが、僕は第8番が好きです。 ワルターでは...
ワルター

ブルーノ・ワルター 名盤 ハイドン 交響曲第88番&第100番

こんにちは、 ともやんです。 ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団のハイドンを聴きました。 曲目は、交響曲第88番"V字"、第100番"軍隊"です。 古き良き時代とはこのことを言うのだはと思うほど、温かく優しい演奏で...
ワルター

ワルター&ウィーン・フィル マーラー交響曲第9番 1938

こんにちは、 ともやんです。 グスタフ・マーラー(1860-1911)は、1909年に交響曲第9番を完成後、第10番の作曲に着手し、第一楽章のみ総譜を完成させ、第二楽章は総譜のスケッチだけで世を去りました。 結局、第9番は、マ...
ワルター

ワルター&ウィーン・フィル モーツァルト「ジュピター」戦前の名演

こんにちは、 ともやんです。 村上春樹の本を初めて購入しました。タイトルは『古くて素敵なクラシック・レコードたち』。先月の6月25日に出たばかりの新刊本です。 前書きのよると、村上氏は、物書きながら、本にはあまり執着しないのに...
クレンペラー

ハイドン 交響曲第100番「軍隊」名盤

こんにちは、 ともやんです。 僕のとってハイドンの交響曲第100番「軍隊」は、思い出深い曲です。 小学生の高学年頃から、テレビでNHK交響楽団の番組を観たりして、少しずつ興味を感じていました。 そして中学生になり、初めてクラ...
タイトルとURLをコピーしました