シューリヒト

シューリヒト

カール・シューリヒト 秘蔵ライブ

こんにちは、 ともやんです。 もう発売されてから2年近く経つのに、おお、こんな素晴らしいCDがあったんだ! まさに秘蔵ライブという触れ込みにぴったりの内容です。 さあ、これをしっかり聴いてレビューするのが僕の仕事だなって思う...
シューリヒト

シューリヒト ベートーヴェン 交響曲第7番 1952年

こんにちは、 ともやんです。 以前購入したぶ厚い本で「大指揮者 カール・シューリヒト」というのがあります。 カール・シューリヒトの本と言うのは、誠に少ないそうなので、この本は貴重なものと思います。 この本によると連合国側...
シューリヒト

シューリヒト マーラー交響曲第2番「復活」 ハイドン交響曲第86番

こんにちは、 ともやんです。 カール・シューリヒト(1880-1967)はドイツの名指揮者で録音が多く残されているのは、J・S・バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブルックナー、ブラームスといった、まさにドイツ=オー...
シューリヒト

シューリヒト マーラー 交響曲第3番

こんにちは、 ともやんです。 マーラーの交響曲は好きですが、では、全てかと言うとそうではありません。 好んで聞くのが、第1番、第2番"復活"、第9番。 そして次に来るのが第4番と大地の歌。 第5番、第6番、第7番は、良...
シューリヒト

シューリヒト&ハーグ・フィル ブルックナー 交響曲第7番

こんにちは、 ともやんです。 シューリヒトは、ブルックナーの交響曲第7番の録音をいくつか残していますが、ステレオ録音は、ハーグ・フィルとのものが唯一です。 商品解説のよると当時世界最大の会員制レコード・クラブ「コンサート・ホー...
シューリヒト

カール・シューリヒトの芸術 ベートーヴェン第九

こんにちは、 ともやんです。 今年はドイツの名指揮者カール・シューリヒトの没後55年に当たります。 ということは、僕がクラシック音楽を興味を持ち始めた10歳頃にちょうど亡くなったということで、僕にとっては過去の人ではありません。 ...
シューリヒト

カール・シューリヒトの芸術 ベートーヴェン&シューマン

こんにちは、 ともやんです。 カール・シューリヒト(1880-1967)ダンツィヒ(グダニスクとも表記される。現ポーランド)の生まれで、1967年1月7日にスイスで永眠。86歳でした。 つまりこの記事を書いている今日が命日で没...
シューリヒト

シューリヒト ブラームス 交響曲第3番&第4番

こんにちは。 ともやんです。 以前、シューリヒト指揮バイエルン放送響によるブラームス交響曲第4番を絶賛したことがあります。 またその録音が収録されているスクリベンダムの10枚組のCDボックスをおすすめしたりしていました。実際、...
シューリヒト

カール・シューリヒト ブラームス交響曲第3番 ライブ

こんにちは、 ともやんです。 フランス国立視聴覚研究所(INA)音源提供 オーマンディ、マリ、クリュイタンス、マルティノン、クレツキ・・・ 驚きの正規初出音源を含む完全限定盤! という触れ込みの興味深いCD10枚組のセット...
シューリヒト

シューリヒト&ウィーンフィル モーツァルト、シューベルト&ブラームス

こんにちは、 ともやんです。 カール・シューリヒトとウィーン・フィルによる歴史的名盤が、期間限定でお得なお値段で購入できます。 ↓ 〈まとめてオフ〉クラシック・タワーレコード企画盤769タイトル 2点で20%オフ シューリ...
シューリヒト

シューリヒト SACDハイブリッド盤 お得情報 PART2

こんにちは、 ともやんです。 夏休みの自由研究、シューリヒト編の第2弾。 モーツァルトの交響曲選集、ヨハン・セバスティアン・バッハ、ヘンデル、そして得意のブルックナーの名演の名盤です。 どれも語り継がれた名演の名盤ですが...
シューリヒト

シューリヒト SACDハイブリッド盤 お得情報 PART1

こんにちは、 ともやんです。 8月と言えば、夏休み。 まあ、サラリーマンにとっては1週間程度の僅かばかりの休日ですが、学生は長い長い休暇に入ります。 と言っても今年は、去年から続く新型コロナ禍で、さらに感染が拡大し深刻になっ...
シューリヒト

カール・シューリヒト 宇野功芳 おすすめ3選

こんにちは、 ともやんです。 クラシック音楽の名物評論家、宇野功芳さんが亡くなって5年が経ちました。 そこで現在宇野さんの推薦盤中心にまとめたLP、CDを紹介するサイトを作ることにしました。 そこでトップページに宇野さん...
シューリヒト

シューリヒト・コンサート・ホール・ソサエティ・ボックス

こんにちは、 ともやんです。 カール・シューリヒト(1880-1967)は、現在のポーランドのグダニスクに生まれました。 同時代のワルター、フルトヴェングラー、クレンペラーに比べシューリヒトに関する書籍が少ないようですが、僕もこの...
タイトルとURLをコピーしました