フルトヴェングラー

フルトヴェングラー 名盤 バッハ 管弦楽組曲&ブランデンブルク協奏曲

こんにちは、 ともやんです。 1月25日は、フルトヴェングラーの誕生日でした。 1886年1月25日ベルリン生まれ。もう生誕137年なんですね。 しかも1954年11月30日に68歳で亡くなっているので、来年で没後70年になりま...
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュ ヨハン・シュトラウス2世 名演集

こんにちは、 ともやんです。 今年は、ハンス・クナッパーツブッシュの生誕135年に当たる年。だからどうしたという人もいると思うが、個人的にはだから聴いてみようという気になる。 そこで、古い録音から順次聴いてみることにした。 ...
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュ 名演集 1920年代

こんにちは、 ともやんです。 ハンス・クナッパーツブッシュ(1888-1965) ドイツの名指揮者で、時に特異な演奏をすることで有名です。 亡くなって60年近く経ちますが、今での多くのファンがいます。 何を言おう僕のその一...
トスカニーニ

トスカニーニ エルガー エニグマ変奏曲

こんにちは、 ともやんです。 今日はトスカニーニの命日。 1957年1月16日。89歳だった。 70歳の頃一旦引退を決めたが、NBCの熱烈な招聘により、意向17年に渡ってNBC交響楽団の多くの貴重な録音を残しました。 その...
クレンペラー

クレンペラー ベートーヴェン 交響曲全集 1970

こんばんは、 ともやんです。 とうとう買ってしまいました。 オットー・クレンペラーのベートーヴェンの交響曲全集。 それも1970年のクレンペラー最後の全集です。 当時84歳のクレンペラー。 数々の身体的怪我や病気、それに...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」1952

こんにちは、 ともやんです。 1971年5月某日、中学2年生になったばかりの僕は、1枚のLPレコードを買いました。 それは、ヴィリヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるベートーヴェン作曲の交響...
クレンペラー

クレンペラー ラスト・コンサート 1971

こんにちは、 ともやんです。 クレンペラーファンとしては、聴かずには死ねないラストコンサートです。 1971年9月26日のコンサートは、クレンペラーが"ライヴ"による音楽作りに別れを告げることを意図して行なわれたものではなかった。...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ルツェルンの第九

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラー「ルツェルンの第九」は、録音が残っている第九では、一番最後のものです。 昨日は、2週間前の最後のバイロイトの録音をご案内しましたが、こちらは音質の良さに驚かされます。僕が聴いた「...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー バイロイトの第九 1954

こんにちは、 ともやんです。 評論家の故吉田秀和氏が実際に聴いて最高と第九だといった録音がオルフェオというレーベルから出ました。 吉田氏が絶賛したというのが、1954年8月のフルトヴェングラー&バイロイト祝祭管によるベートーヴ...
シューリヒト

シューリヒト ベートーヴェン 交響曲第1番&第7番 ライブ

こんにちは、 ともやんです。 カール・シューリヒト(1880-1967)は、今年が没後55年。 そして2年前の2020年は、生誕140年でした。 それを記念してシューリヒトの秘蔵ライブを収録したアルバムが発売されました。 ...
シューリヒト

シューリヒト ベートーヴェン交響曲全集

こんにちは、 ともやんです。 もう長らく僕のコレクションとして所有していますが、なかなかしっかりと聴いて記憶がありません。 その他のシューリヒトのCDはよく聴いていますし、しかもベートーヴェン全集という貴重なものでもありにも関わら...
クレンペラー

オットー・クレンペラー 秘蔵音源集 1955&1958

こんにちは、 ともやんです。 今回は、20世紀の大指揮者、オットー・クレンペラーの秘蔵音源から、得意としていたモーツァルト交響曲第25番、ベートーヴェン交響曲第5番、ブラームス ドイツレクイエムを収録した2枚組をご案内します。 ...
クレンペラー

クレンペラー ヘンデル オラトリオ「メサイア」

こんにちは、 ともやんです。 所属している合唱団で、2023年10月7日(土)ミューザ川崎シンフォニーホールにて 「メサイア」の公演を行います。 現在、そのための練習中です。 公演まで11ヶ月ありますが、週1回だけの練習で...
クレンペラー

クレンペラー 名盤 ベートーベン交響曲全集 60年ライブ

こんばんは、 ともやんです。 まさに聳え立つ巨峰! クレンペラー+フィルハーモニア管による、1960年ウィーン楽友協会に於けるベートーヴェン・ツィクルス。 有名なライヴ録音です。 厳しいリズム感、木管に対しての自由...
タイトルとURLをコピーしました