ウィーンフィル

クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュ 名盤 ワーグナー ワルキューレ第1幕

こんにちは、 ともやんです。 誰が言ったか知りませんが、男が一度はやってみたい憧れの仕事が3つあるそうです。 ・帝国海軍の指令長官 ・プロ野球の監督 ・オーケストラの指揮者 つまりどれも自分の指示で部下を思い通りに動...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ブラームス 1番

こんにちは、 ともやんです。 ブラームスの交響曲第1番と言えば、もっともフルトヴェングラー向きの曲と言えます。 実際、1部だけのものも含めると10種類残されています。 ①ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 第4楽章 1945...
ワルター

ワルター モーツァルト 交響曲第39番・第40番・第41番 戦前の名演

こんにちは、 ともやんです。 ワルターは、ユダヤ系という理由でナチからの妨害や迫害を受け、戦前はで録音が残されているのはこの年1938年頃までです。 しかもウィーンフィルとなれば特別な演奏で、今から80年以上前の録音ということ...
ワルター

ブルーノ・ワルター&ウィーン・フィル マーラー交響曲第2番”復活”

こんにちは、 ともやんです。 1948年5月15日のムジークフェラインザールでの実況録音盤で、宇野功芳氏著書『名指揮者ワルターの名盤駄盤』では、かなり厳しい評価の録音です。 その大きな原因としては、 1,録音が悪い 2,ウ...
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュ チャイコフスキー くるみ割り人形

こんにちは、 ともやんです。 今日12月18日は、チャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」が初演された日です。 1892年12月18日にサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場でのこと。 僕は、80年代の終わりから90...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー シューベルト「未完成」聴き比べ

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラーは、第二次大戦後、ナチに協力した疑いで、それが晴れるまで演奏活動を禁止されていました。 紆余曲折の末、なんとか2年後の47年5月に復帰コンサートを開催して、ベルリンに戻ってきまし...
フルトヴェングラー

ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」1944年12月

こんにちは、 ともやんです。 1971年5月、中学2年生の13歳の僕は、1枚のLPレコードを買いました。 それがフルトヴェングラー指揮ウィーンフィルによるベートーヴェン交響曲第3番「英雄」。1944年12月19日録音のウラニア盤で...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー フランク&ブラームス

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラーとウィーン・フィル&ロンドン・フィルによる歴史的名盤が、期間限定でお得なお値段で購入できます。 ↓ 〈まとめてオフ〉クラシック・タワーレコード企画盤769タイトル 2点で20%オフ...
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュ&ウィーンフィル ブルックナー交響曲選集

こんにちは、 ともやんです。 ハンス・クナッパーツブッシュとウィーン・フィルによる歴史的名盤が、期間限定でお得なお値段で購入できます。 ↓ 〈まとめてオフ〉クラシック・タワーレコード企画盤769タイトル 2点で20%オフ ...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー モーツァルト セレナード選集

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラーのモーツァルトということで興味本位で聴き始めました。 最初に聴いたのが、第10番の『グラン・パルティータ』。 これが意外といい。 フルトヴェングラー節を封印してウィーンフ...
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュ ブルックナー交響曲第3番 1954年

こんにちは、 ともやんです。 1954年というとクラシック音楽のマニアで特にフルトヴェングラーに心酔する人ならハッとする年です。 そう、フルトヴェングラーがこの年11月30日に帰らぬ人となったのです。 指揮者としてはまだ若い...
クナッパーツブッシュ

クナッパーツブッシュ ベートーヴェン交響曲第3番”英雄” 続き

こんにちは、 ともやんです。 現在、スクリベンダムからリリースされている『クナッパーツブッシュの芸術 シリーズ』は、クナッパーツブッシュのオーケストラ演奏を聴くには貴重なものだと思います。 それぞれ、ベルリンフィル、ウィーンフィル...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー モーツァルト管弦楽曲集

こんにちは、 ともやんです。 フルトヴェングラーによるモーツァルトの録音は、非常に少ないです。 オペラに関しては多少残されていますが、管弦楽曲に関しては淋しい限りです。 例えば、交響曲に関したは残されている曲は、第39番と第40...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー&ウィーンフィル ブラームス第1番

こんにちは、 ともやんです。 昨日に続いて、もうすぐAltusからリリースされるフルトヴェングラーのSACDのレビューです。 えっ?なんで、まだリリースされていないSACDのレビューが出来るの?と思われると思いますが、同じ音源自体...
タイトルとURLをコピーしました