2020-03

フルトヴェングラー

フルトヴェングラー 最後のベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

ベートーヴェン唯一のヴァイオリン協奏曲は、1806年に作曲され、同年12月23日にウィーンのアン・デア・ウィーン劇場で、フランツ・クレメントの独奏で初演されました。出版は、1808年にウィーンの美術工芸社からで、ボン時代からの親友であるシュテファン・フォン・ブロイニングに献呈されました。
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ベルリンフィル 第九 戦中の名演

フルトヴェングラーの永遠の名演というと51年のバイロイト祝祭管との録音がまず挙げられます。 第九と言えばフルトヴェングラー、フルトヴェングラーと言えば第九ですが、もう一度ちゃんと聴いてみようと思います。
ワルター

ワルターの名盤 ブラームス ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲

ブラームス(1833-1897)とヨアヒム(1831-1907)は、作曲者と演奏者との関係を超えて、相互に助け合い、理想に邁進する同志として固い友情で結ばれていました。その表れとして、ヨアヒムは、ブラームスの交響曲第1番のイギリス初演を指揮しています。
クレンペラー

クレンペラー ベートーヴェン 交響曲第8番 90年以上前の録音

オットー・クレンペラー(1885-1973)は、僕は一番興味をそそられる指揮者の一人です。そして僕が同じくらい興味を感じるのは、ヴィリヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954)です。芸風は全く逆で、ドラマティックなフルトヴェングラーに演奏に対して、クレンペラーは、素っ気なく風通しの良い演奏です。
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ベートーヴェン 交響曲第8番 3種類

1948年のストックホルムフィル盤は、オーケストラがぎこちなくまるで練習途上のような演奏だ、と切り捨てています。そして1954年盤は、丁寧に描かれているが狂気が薄まっていると評し、1953年のベルリンフィル盤が、激しさと静寂、均衡と俊足の絶妙なバランスで一番よいという内容を書いています。
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ベートーヴェン 交響曲第7番

個人的には、フルトヴェングラーの一番個性が出るのは、第3番"英雄"と第7番だと思います。今日は、フルトヴェングラーによるベートーヴェンの交響曲第7番について書きたいと思います。数種類の録音がありますが、一番のおすすめは'50年のウィーンフィルとのスタジオ録音です。
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ベートーヴェン 田園 ウィーンフィルとの名盤

フルトヴェングラーの録音では、やはりベートーヴェンです。またフルトヴェングラー自身、ベートーヴェンに対して特別な感情を持っていたと思います。ナチスへの協力を疑われ、戦後2年間の指揮活動の禁止から嫌疑が晴れ、復帰コンサートで、エグモント序曲、交響曲第6番と5番というオール・ベートーヴェンのプログラムを組んだことからもわかります。
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ベートーヴェン 運命 ウィーンフィルとの名盤

どうして、フルトヴェングラーに魅かれるんだろう。最近ようやく、なぜ、フルトヴェングラーに魅かれるのかわかったような気がします。それは、フルトヴェングラーの演奏が完成されていないからです。常に、初めてその曲を演奏するような緊張と真剣さとワクワク、ドキドキ感が感じられるからです。
シューリヒト

シューリヒト ブルックナー 7番 北ドイツ放送響との名演

カール・シューリヒト指揮北ドイツ放送交響楽団の演奏で、ブルックナーの交響曲第7番を聴きました。胸が掻きむしられるような狂おしい感動を受けました。特に第2楽章が素晴らしい。第3楽章のスケルツォでは、イントロのトランペットが、かすれた音で入ってきて、
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ワーグナー シュターツカペレ・ベルリン

今年創立450年を記念してシュターツカペレ・ベルリンの記念盤が、4月上旬に発売。タワーレコードでは予約の受付を開始ました。シュターツカペレ・ベルリンは、そのカペレという言葉が示すように、古い宮廷楽団の伝統を今に残す由緒ある楽団。この楽団を知るために450年の歴史を知ることが必要。
タイトルとURLをコピーしました